カート内の商品数:
0
お支払金額合計:
0円(税込)

2019.5.28 日本遺産として認定された「有松絞り」。手仕事で作る「一点もの」の豆絞りなどを販売しております。

子孫繁栄の願いを、連なる丸模様に込めて絞る「豆絞り」。
江戸時代に流行し、一時途絶えた絞り染めの「板締め豆絞り」は
溝が掘られた板で約2センチ幅のびょうぶ状に折った布をきつく挟み、溝の部分のみを染める技法。
布同士が密着した部分には染料が入らず白地が残り、板の溝は布の山折り線に対して直角に置くため、
折り目だけに約5ミリ間隔で丸模様が浮かびます。
手仕事で作る「一点もの」の豆絞りを、是非手にとってみてください。