カート内の商品数:
0
お支払金額合計:
0円(税込)

地元で陶土が採掘でき、作品を作るのに適した土地柄から、器の産地として栄えてきた瀬戸。
その中で、本家本元と言えるのが、300年もの間変わらぬ瀬戸焼を作り続けてきた「瀬戸本業窯」。
江戸末期の安政年間創業。八代続く窯元では、今も昔と変わらない手法で焼き物を作り続けている。

シンプルなものから特徴的な柄までさまざまな伝統的意匠を継承し、
時代とともに変化する器の形やデザインを提案。
老若男女問わず幅広いお客様が瀬戸本業窯の陶器を愛してやまない。


1件~ 10 件(全12件)