瀬戸本業窯

瀬戸本業窯

瀬戸本業窯

地元で陶土が採掘でき、作品を作るのに適した土地柄から、器の産地として栄えてきた瀬戸。
その中で、本家本元と言えるのが、300年もの間変わらぬ瀬戸焼を作り続けてきた「瀬戸本業窯」。
江戸末期の安政年間創業。八代続く窯元では、今も昔と変わらない手法で焼き物を作り続けている。

シンプルなものから特徴的な柄までさまざまな伝統的意匠を継承し、
時代とともに変化する器の形やデザインを提案。
老若男女問わず幅広いお客様が瀬戸本業窯の陶器を愛してやまない。

金鯱鉢

金鯱鉢

名古屋らしい、金鯱のデザインがおしゃれな器。サラダや煮物など幅広い料理にお使いいただけます。
引出物やプレゼントにも。

瀬戸二彩 スープ鉢

瀬戸二彩 スープ鉢

組み合わせる色合いでさまざまな雰囲気が楽しめる二彩スープ鉢。
丁度いい大きさが様々なお料理を引き立て、多目的に使える器です。

瀬戸三彩 スープ鉢(緑×茶×白)

瀬戸三彩 スープ鉢(緑×茶×白)

深みのある三彩は、お料理そのものを美味しく見せてくれる器です。
ご自宅ではもちろん、贈答用としても喜ばれます。



瀬戸三彩 湯のみ(ペア)

瀬戸三彩 湯のみ(ペア)

手にしっくりと馴染む形は、長く使うほどに愛着が湧きます。 お茶にもコーヒーにもよく合う、瀬戸三彩の優しい色合いです。

瀬戸三彩 皿

瀬戸三彩 皿

カラフルな三彩は、1枚あれば【和・洋】を問わず幅広く使えます。 程よい深さは、煮物やシチュー、パスタにも彩りを添えてくれます。

瀬戸三彩 スープカップ(ペア)

瀬戸三彩 スープカップ(ペア)

あたたかいスープやカフェオレを入れてゆっくりと味わっていただけます。 アイスクリームやシリアルにも使えて便利な一品。

ページトップへ